糖尿病を治療する目的は血糖値を下げることではない?

健康・予防

  • 3,461
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2016.07.11 UPDATE

今回は、糖尿病の話です。前回を読んでくださった読者のみなさんは、結論がおわかりでしょう。 そう、糖尿病を治療する目的は、糖尿病に伴うさまざまなリスクを下げることであって、血糖値を下げることは手段に過ぎません。むしろ、血糖値を下げ過ぎるとかえってリスクが増える場合もあります。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

”そう、糖尿病を治療する目的は、糖尿病に伴うさまざまなリスクを下げることであって、血糖値を下げることは手段に過ぎません。むしろ、血糖値を下げ過ぎるとかえってリスクが増える場合もあります。”


これ、私も外来で患者さんに必ず説明します。

しかし、ほとんどがご存じない印象です。

たとえば、私は

「血糖値が高いことは、痛くもかゆくもなんともありません(すごく高いと口が渇いたりしますが)が、何でわざわざ痛い想いしたりお金払ったり医者に通ってまで、なんで治療するんですかね?」

と問いかけます。

すると多くの場合、

「え?あーそういわれてみれば・・・・でも高いとだめなんでしょ?」

という禅問答のような状態に陥ります。

これは血圧やコレステロールも同じです。

正直、これを専門に説明する医療職(ナースや栄養士か?)を内科外来に複数置いてもいいと思います。

それにより、患者さんの病気に対する理解も増えるだろうし、治療のモチベーションにもつながるでしょう。

医者がもっと医者の仕事に集中できると思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • 1436232346ECA43gVlg5

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です