「糖質制限危険説」は一体どこまで真実なのか

健康・予防

  • 2,506
  • 5
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2016.07.07 UPDATE

1473958440PK1bk7ieJP

糖質制限ダイエットが、空前のブームを迎えている。厚揚げをパンに見立てたサンドイッチ、肉と野菜だけが詰まったお弁当、こんにゃく麺を使った冷やし中華――。人気画像投稿SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のインスタグラムでも、糖質制限は30万件近い投稿があり、人気の話題だ。 糖質制限市場を狙ったビジネスも今が花盛りだ。関連書籍や雑誌は今や数え切れないほど出版され、今年に入ってからはコンビニのローソンや外食チェーンのガストなどが、次々「低糖質」を売りにした商品を強化しはじめた。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

糖質制限がダイエットに良いのか、悪いのか。
色々な主張があるようですが、ある食事を良いか、悪いかの二元論で語ることはできません。

どんな栄養素に関しても、今多すぎるなら減らし、今少なすぎるなら増やすべきです。
「自分の今の食事」を評価しないまま、どう改善するかを決めることはできません。

この記事の最後にある「糖質制限を始めるにあたって、今の自分がどのような健康状態で、普段どのような栄養素をどの程度取っているのかという視点が欠如している人が多すぎる」というコメント、最もです。

今後、食事評価の重要性を広めていくのが、栄養の専門家のすべき仕事だと思います。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • 1446824230a2076df5f42a4a163fa7ac27edc00150
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です