活躍する人たちが「1日1食」を選ぶ深いワケ

食事

  • 3,929
  • 3
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2016.06.17 UPDATE

私は30年にわたり1日1食を続けています。1日1食にしたのは、痩せるためでも、健康になるためでも、悟りを開くためでもありません。全力で仕事に取り組むためです。 1日1食だと当然痩せますし、食べすぎが招く生活習慣病のリスクも減るでしょう。でも、それは私にとっては副次的な効果にすぎません。『無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える!』でも紹介していますが、私はあくまで元気に仕事を続けたいから、1日1食にしているのです。私は2016年7月で74歳になりますが、1年365日ほとんど休みなく働いています。 ライフワークとして40代半ばから30年にわたり、新作オペラに取り組んでいます。それも作曲だけではなく、巨額の資金集めから台本や演出の依頼といった総合的なプロデュースを含めて、すべて同時にこなしているのです。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

1日1食でも、1日に必要なエネルギーや栄養素を摂れていればいいのかもしれません。
でも、例えば高齢者では、たんぱく質は3食その都度摂ったほうが虚弱を防ぐ可能性があるとも言われています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23915061

さしあたり、1日1食にすべきか否かに関しては、まだ十分な研究がないように感じています。
そのスタイルが合っている人はそうしたらいいのかなと思います。

元記事筆者は「1日1食は、胃腸がダメで食欲が落ちた年寄りにはすすめられない」とも書いてますね。
ちなみに私は年寄りではありませんが、一度に食べ過ぎるとすぐに消化不良になってしまうので、このスタイルの食事は無理です。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です