全米中に衝撃…同国の「自殺率」が過去30年で最高に (日刊ゲンダイ)

メンタル

  • 1,026
  • 3
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2016.06.16 UPDATE

「アメリカ人の自殺が過去30年で最高」と報じられ、人々に衝撃を与えています。  CDC(米疾病予防管理センター)によれば、アメリカ人の最新の自殺率(2014年)は10万人あたり13人。1986年以降、最高であるだけでなく、年率2%で伸びており、その伸び率は06年以降、2倍になっているといいます。これを数にすると14年に自殺で亡くなった人は4万2773人で、99年の2万9199人と比較すると、その増加のスピードが分かります。

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

東京大学 大学院医学系研究科 医学博士課程 公衆衛生学修士(専門職)

アメリカ人の最新の自殺率(2014年)は10万人あたり13人で過去30年で最高とのことですが、日本の自殺率(2014年)は10万人あたり19.5人で日本の方がアメリカより高いのが現状です。

日本の自殺率は様々な取り組みにより減少傾向ですが、世界から比べるとまだまだ高い値が続いています。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です