県委託で「突撃! 隣のお味噌汁」作戦…減塩化進み「濃い」家庭は3%

食事

  • 1,001
  • 4
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co 読売新聞 2016.06.13 UPDATE

岩手県の委託を受けた主婦らが一般家庭を訪問し、みそ汁の塩分濃度を測る「突撃! 隣のお 味噌汁 」作戦の2015年度の結果がまとまった。  塩分濃度が「標準」「薄味」と判定された家庭が97%を占め、前年度(95%)に続き味付けが濃いとの傾向は出なかった。県は「啓発活動として続けていきたい」としている。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

岩手県のみそ汁の減塩、進んでいるそうです。
わざわざお宅にお邪魔して、みそ汁の塩分を量らせてもらうとは、なかなかインパクトがありますね。
いちおう調査は抜き打ちのようなので、その日だけ薄味というわけではなさそうです。
調査が減塩の啓発につながり、動に結びついているのかもしれません。

みそ汁で減塩しようと思ったら、薄味にするだけでなく、頻度を減らすことと、具だくさんにして汁を減らすことも併せて実行すると、効果があがります。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です