「子どもの歯が折れた」ときはどうする? 子どもの口腔内の怪我に対する処置

健康・予防

  • 1,592
  • 2
  • 0

favicons?domain=medicalnote Medical Note 2016.06.10 UPDATE

1465520960yMFy0HFQ7b

子どもは転んで顔を打ち、口の中を怪我することがあります。ときには歯が折れたり抜けてしまうこともあるでしょう。子どもの口腔内の怪我について、東京都立小児総合医療センター救命集中治療部救命救急科の萩原佑亮先生にお伺いしました。

記事全文を読む

1434698910e4ed046bbb708fd8d9b605308ff72653

相田潤

東北大学 大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野/臨床疫学統計支援室 准教授 歯科医師 博士(歯学) MPH

歯が折れた時の対応がわかりやすくまとめられていて、参考になりますね。記事にある、転んだ時に歯ブラシを刺してしまう事故は、1歳児で最も多く、2~3歳でも時々あります。歯ブラシをくわえて歩くのは危ないのでご注意ください。また0~1歳くらいですと頭が大きいため座っていたのに倒れて刺してしまうこともあるそうです。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 1465001428rnppQVaIkz

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です