自宅有酸素運動でヘルシーライフが手に入る!?今日から出来るオススメ方法とは?

スポーツ

  • 1,995
  • 5
  • 0

favicons?domain=welq welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書 2016.05.30 UPDATE

自宅有酸素運動はヘルシーで健康的なライフスタイルに欠かせないものといえます。外出しないで、コンスタントに日々続けられる自宅有酸素運動ならば続けていくことができそうです。自宅でいつでもできる有酸素運動はどんなものなのでしょうか。有酸素運動の重要性から具体的な自宅で可能な有酸素運動をご紹介し、さらに効率的にトレーニングするための方法などをお伝えしていきたいと思います。明日からさっそく始めてみましょう!

記事全文を読む

1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a

笹井浩行

東京大学大学院総合文化研究科・助教 博士(スポーツ医学)

ウォーキングやジョギング,水泳などの代表的な有酸素性運動や室内でも取り組める有酸素性運動について紹介した記事です.

一点,どうしても見逃せない点があります.

>有酸素運動は、開始から20分よりも前に運動を止めてしまうと脂肪の燃焼は殆ど行われないといわれています。

出ました”20分以上運動しないと脂肪は燃えない”神話.未だにこの間違った情報が発信され続けてると思うと嘆かわしいばかりです.

決してそんなことはありません.極端な話,運動していなくても脂肪は燃えています.有酸素性運動では,エネルギーを生み出す原料(基質といいます)における脂質の割合は,時間とともに上昇していきます.しかし,20分に達するまで割合がゼロだったり,極めて少ないわけではありません.少しの運動でも脂肪はちゃんと燃えています.

有酸素性運動の総時間は1日20~40分と同じで,一方の群では10分×2~4回に分けて運動し,他方の群では20~40分でまとめて運動した条件で比較した研究があります.その結果,18ヵ月間の体重や体脂肪の変化に著差がみられませんでした.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10546695

別の研究では,10分間×複数回の有酸素性運動を処方された群のほうが,まとめて運動するよう指導された群よりも運動の実践頻度や総時間が多かったと報告しています.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8963358

この誤解の良くない点は,「20分以上運動しないと脂肪が燃えない」→「今,20分も時間がない」→「運動しない」という行動選択につながり得るところです.

ぜひ”20分以上運動しないと脂肪は燃えない”神話はきっぱり忘れましょう.

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です