乳がん検診で「死亡率」は下がる? 下がらない?

病気・医療

  • 1,510
  • 4
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2016.05.27 UPDATE

1464317308JWIWlj4bMG

現在、市町村が行う乳がん検診は、40歳以上の女性を対象に、2年に1回の頻度で、マンモグラフィー検査を行うことを原則としています。ただし、乳がん検診の対象者や中身は全国一律ではありません。対象年齢や検診法が異なることがよくあります。対象年齢を広げたり、検診法を増やすことは、そのがんによる死亡率を下げることにつながるのでしょうか。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

 乳がん検診のメリットとデメリットについて、数字を挙げながら解説した記事です。40歳以上の女性が乳がん検診を受けると、乳がんによる死亡率が下がることは多くの研究によって裏付けられています。これを元に国や市町村が検診を推奨しているわけです。

 記事では、乳がん検診を受けると乳がんで死亡する確率は減るが、その他の原因も含めた総死亡は減らないので、それは意味があるのかという意見も紹介しています。現在の日本で、女性が一生のうち乳がんで死亡するのは約1%、概ね70人に1人です。(がん情報サービス http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html)ということは、乳がん検診による全死亡の減少は最大でも1%未満なので、乳がん検診だけで総死亡を減らすのは難しいことがわかります。
 このように、乳がん検診はいいことばかりではありませんが、それでも多くの人にとってはメリットの方が大きい検診です。自分は受けた方がいいか受けない方がいいかわからない人は、とりあえず受けておくことをお勧めします。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です