水泳の健康ダイエット効果、カロリーを消費する泳ぎ方とは

ダイエット

  • 1,752
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.life-rhythm Rhythm (リズム) 2016.05.25 UPDATE

1464154807snf1BxvvSS

ダイエットしたいなあ、と考えたとき水泳を思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、なぜ水泳が効果があるのか、詳しく知っている方は少ないかもしれません。

記事全文を読む

1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a

笹井浩行

東京大学大学院総合文化研究科・助教 博士(スポーツ医学)

水泳のダイエット効果について説明した記事.情報がやや不正確な部分がありますので,いくつか指摘します.

>マラソンなど他の運動に比べて、腰や足への負担がない点も高ポイント。
陸上の運動に比べて軽減されますが,負担がないわけではありません.慣れないうちの過度な水泳には注意が必要です.

>52kgの女性が30分クロールすると246kcal、30分平泳ぎすると191kcalを消費するといわれています。
国立健康・栄養研究所ウェブサイトに掲載されているメッツ表
http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf
では以下のように記載があります.メッツとは安静時の何倍エネルギーを消費するかで示した運動強度の指標です.メッツ×体重(kg)×時間(hour)で運動時の消費エネルギーが概算できます.

10.0メッツ クロール、速い、68.6m/分未満、きつい労力
10.3メッツ 平泳ぎ、全般、トレーニング、競技
9.5メッツ 背泳ぎ、全般、トレーニング、競技
13.8メッツ バタフライ、全般

8.3メッツ クロール、ふつうの速さ、45.7m/分未満、きつい労力
5.3メッツ 平泳ぎ、レクリエーション
4.8メッツ 背泳ぎ、レクリエーション

記事にある消費エネルギーと体重では,クロールで9.5メッツ,平泳ぎで7.3メッツ相当で計算されています.つまり,レクリエーションと競技の間から競技に近い強度でのエネルギー消費が記事では示されていることになります.その強度で30分泳ぎ続けるのは特に初心者ではかなり大変です.ちょっと数字が過大に示されているように感じます.

>一般的には、クロールが一番消費カロリーが多く、効果があるようです。
(レクリエーションレベルでの数字はありませんが)上記の表からすればバタフライが最も消費が大きいようです.ただ,技術的に取り組みやすいのはクロールや平泳ぎなのかもしれません.

肥満者に推奨される運動として,水泳を含む水中運動の名がたびたび挙がりますが,意外なことに質の高い科学的根拠はあまり多くありません.他の運動に比べて水泳がより有効か否かは,今後様々な角度から検証されていくべきかもしれません.

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1434326786qcEsunBYvv
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です