つらい口内炎、市販薬の選び方は?

健康・予防

  • 2,829
  • 1
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2016.05.17 UPDATE

1463459317HXM4hUM70O

食事中や談笑中に、ひっそりと口元で存在感をあらわにする口内炎や口唇ヘルペス。誰もが一度は経験したことがあるでしょう。市販薬でも対処できますが、発症原因に合ったものを使用しないとかえって逆効果になることも。今回は口内炎の種類や市販薬の選び方について解説します。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

口内炎やヘルペスについてOTC薬でも対応できると紹介されている記事です。
口唇ヘルペスは、ウイルスが原因で起きる疾患で、かつては処方せんなしで薬局で購入することはできませんでしたが、現在はOTC医薬品として販売されています。ただし、一度同じような症状で受診したことがある人に限っての販売です。条件に当てはまれば、処方薬とまったく同じ成分の薬を薬局で購入することが出来ます。価格も1000円前後ですので、受診+薬局でかかる自己負担よりおそらく安いでしょう。再発で数日単位の経過であればこのお薬で様子を見ても良いのではないでしょうか。
また、アフタ性口内炎のお薬も販売されています。一般的には弱いランクのステロイドが含まれた軟膏です。
しかしこれが、しゃべったりするとすぐ取れてしまいます…最近はフィルムタイプの製剤が出てきました。私も使用したことがありますが、軟膏やパッチタイプと比べると取れにくかったです。薬を使用することにより治療期間が短縮するかは??な部分もありますが、「しみて痛い」という症状を和らげるには、フィルムタイプの製剤を使用するのもおすすめです。価格は1000円前後です。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です