トイレ難民をなくせ~水なしで便利な強い味方

健康・予防

  • 794
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co 読売新聞(ヨミドクター) 2016.05.12 UPDATE

熊本地震の発生から3週間あまりが過ぎ、長引く避難所暮らしで健康をどう維持するかが課題となっている。過去の災害では、汚いトイレに行きたくないからと我慢したり、水分を控えたりして体調を崩した人が出た。感染症を防ぐためにもトイレを清潔に保つ必要があり、支援物資として水のいらないトイレを送る動きも出ている。被災地のトイレ事情をまとめた。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 防災グッズで意外と忘れがちなのがこのトイレの準備です。避難所に簡易トイレを持ち込む必要はないので、おうちのトイレにトイレットペーパーとともに簡易トイレを用意しておくことをお勧めします。

 他の備蓄については以前のコメントを参考にしてみてくださいね(http://healthnudge.jp/11274)。備蓄用品は市販されていますが、家族構成や持病の有無などで必要物品が異なるものも多く、正解はありません。ぜひ、年2回ほど自宅の防災用品の見直しをしていた抱けたらと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です