自転車の消費カロリーを紹介!豊富な運動効果も魅力的

リフレッシュ

  • 2,409
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.life-rhythm Rhythm (リズム) 2016.05.10 UPDATE

1462867470CJZcvbIrP8

ジムに行く暇がないけど、運動を始めたい……そんな方におすすめなのが自転車です。 通勤などの移動手段を、電車から自転車に替えると、ただ運動できるだけではありません。実は、自転車は消費カロリーも意外と高く、うれしい効果がたくさんあります。 そうした自転車によるダイエットについてまとめたので、参考にしてください。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

自転車の消費カロリーは「かなり高め」なので、「ダイエットに効果的」という記事です。細かな点を含めて、ツッコミ所は満載なのですが、サイクリング20分とジョギング20分が同じ消費カロリー、という所は特に注意が必要です。

運動によるエネルギー消費量は、体重(kg)×運動強度(METs)×時間(時)で計算できます。仮に体重が60kgだとすると、20分は1/3時間なので、サイクリングの運動強度を7METsとして計算しているようです。
(60kg×7METs×1/3時間=140kcal)

国立健康・栄養研究所から出されているメッツ表に基づくと、
http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf
6.8METsの自転車は、レジャーとしてのサイクリング、時速16.1-19.2kmで、「ゆっくり、楽な労力」とあります。ところが、通勤としての自転車は、時速16.1km未満で4.0METsとなっています。4.0METsであるならば、20分の自転車は、60kg×4METs×1/3時間=80kcalにしかなりません。

自転車の速さは人それぞれですが、一般的な通勤等での自転車の速さは時速15km程度なので、運動強度で4.0METs。速歩と同程度です。その自転車の運動強度をジョギング程度までに高めるためには、時速20kmくらいにしなければなりません。つまり、自転車の消費カロリーが高いのではなく、「一生懸命こいだら」消費カロリーが高まるのです。つまり、つまり、「楽してやせよう」と思ってもダメなのです。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1436232346ECA43gVlg5

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です