仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」

メンタル

  • 1,586
  • 6
  • 1

favicons?domain=news.yahoo.co Yahoo!ニュース 2016.04.26 UPDATE

(2016年4月26日Yahoo!ニュースより) 働く時間内だけでなく、人生すべてを仕事に奪われ、私が壊れてしまう。 そう感じたことはないだろうか。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

記事の冒頭で、ある会社員が、事故で停車中の電車から、「大事な会議」のために降りて線路を歩き、他の路線まで混乱させ、ネット上で「社畜」「狂気」と批判された話が出てきます。

僕もむかし事故で電車に閉じ込められて、大事な会議に遅刻したことがあります。そのとき、会議の出席者の某企業経営者は不機嫌に「窓を開けて出ればいいんだ。だから日本人は羊みたいでダメなんだ」とぶ~たら言ってました。そんな非常識な人間が、人の上に立っている、厄介な世の中です。

記事の後半では、旅行会社の添乗員をしている40代の男性が、「旅行会社に『夢』や『やりがい』といった気持ちを利用され、搾取されるばかりです」と言っています。人は自分の中に一貫性を求める生き物です。「夢だった仕事」で「搾取されている」という不協和を解消するために、「やりがいがあるから、辞められない」などと自分を納得させて、搾取から逃れられなくことがあります(認知的不協和理論)。また、「これまでがんばってきたのだら、今さら辞められない」という気持ちにもなるでしょう(サンクコストの呪縛)。

悪い人間は、そのような心理を巧みに悪用します。ある有名な経営者はこう言っていたそうです。「若いやつなんて、やりがいとか成長とか、精神論を叩きこんでおけばいいんだ」。

ちょうど先日、専門学校の学生たちに上記のような話をして、「気をつけてね」と言いました。これから社会に出る若者たちに、夢のある明るい話もしてあげたいです。しかし、夢ややりがいが悪用される現状では、「気をつけてね」という気持ちが先に立ちます。僕の発想が暗いのだと思いますが、この世の中も暗いのだと思います。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です