まだ間に合う、海外旅行前にワクチン接種で感染予防

健康・予防

  • 875
  • 1
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2016.04.21 UPDATE

1461153060XmqtgtUuUs

もうすぐゴールデンウィーク。旅行計画を練ると同時に、特に衛生状態の良くない開発途上国を旅行する人に気を配ってほしいのが、出発前の感染症予防対策だ。GWの旅行に間に合うワクチン接種についてまとめた。

記事全文を読む

1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211

長嶺由衣子

千葉大学予防医学センター 環境健康学研究部門 大学院 医学研究院 環境健康科学講座 公衆衛生学 特任研究員 医師

海外渡航する際には必ず必要な予防接種を確認し、打ってから行きましょう!という記事です。

最近出てきたZikaのように予防できないものもある中、予防できる疾患を予防しないのは非常にもったいないです。是非是非、打っていきましょう。感染症に関しては滞在の長短にかかわらず感染の可能性はありますので、滞在が短いからと言って侮らずにご確認ください。

こちらのサイトから渡航先の国をクリックすると必要な予防接種が表示されます。
http://www.forth.go.jp/index.html

私もこの記事に掲載されている疾患の予防接種は全て打っていますが、例えばB型肝炎などは全ての接種を終了するのに半年ほどかかりますので、計画的に接種する必要があります。破傷風も、昔DPTを打っている人は多いと思いますが、最後の接種から10年以上経っている人はもう一度打って免疫を復活させる必要があります。また、黄熱病などは打った後のだるさが他の予防接種よりも顕著なので、仕事じゃない日の方が良いかもしれません。

FORTHのサイトで確認し、接種先の先生とまずはスケジュールを相談してみてください!

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です