子宮頸がんワクチン推奨の再開を-「これ以上の中止を憂慮」、学術団体が見解

病気・医療

  • 986
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.cabrain 医療・介護情報CBニュース 2016.04.19 UPDATE

14610686702A8K51RAol

 勧奨中止が2年以上にわたっている子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について、関連学術団体でつくる予防接種推進専門協議会(委員長=岩田敏・日本感染症学会理事長)は18日、接種後の症状への対策...

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

子宮頸がんワクチン(正確には子宮頸がんの原因となるウイルスのワクチン)を打つことは当初推奨されていましたが、2013年6月以降、推奨が止められています。それに対して、婦人科や小児科などの専門家の団体から、積極的な推奨を再開すべきだと声明を出したという記事です。
ワクチンを打った後に強い症状が出る人がいると報道されて以来、厚労省も及び腰になったのか、推奨を止めています。しかし、現時点でもワクチンを打つことは可能ですし、年齢などの条件を満たせば代金も市町村から補助が出ます。対象ならば、打っておいたほうが得でしょう。
辛い症状が出て苦しんでいる人に対して救済する制度は必要です。しかし、だからと言って有効性が確認されたワクチンを使わないのは別の問題です。もし、このままワクチンの推奨を再開しないなら、ワクチンを打たなかったばかりに子宮頸がんになる人が近い将来沢山発生します。これら防げるはずだった子宮頸がんの患者さんに特別な補助なり救済なりされることはまずないでしょう。ですから、周囲の人がどうするかによらず、自分の身を守るためにも、ワクチンは打ったほうがいいでしょう。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • usericon_noimage
  • 14612352751IJm0pEqYZ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です