寝る前の2時間が自分磨きのゴールデンタイムだった!:ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠

  • 1,496
  • 8
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.05.19 UPDATE

14266567716ZQk9CGSLn

(2014年11月17日 日経Gooday(グッデイ)より) 学生時代、試験前はいつも一夜漬けだったという人も多いだろう。若さもあって、瞬発力でどうにか切り抜けたものの、試験が終わったら、せっかく寝ずに覚えた内容もほとんど忘れていた…なんて経験はないだろうか。学生時代はこんなその場限りの学習でなんとかなっても、いざ仕事となると付け焼刃で対処できるものは限られ、積み重ねた経験やスキルがものを言う場面が多くなる。だいいち、年齢とともに寝ずにがんばること自体が難しくなる。では、学んだことをしっかり頭に定着させるにはどうしたらいいのか。[※HEALTH NUDGE2015年5月1日に掲載した記事を再掲載しています]

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

脳の高次機能の活性から見ると「寝る前の2時間はゴールデンタイム」だけど、メンタルヘルスから見ると「質の良い睡眠のために、寝る前は灯りを暗くして、PCもスマホも見ずにリラックス」と正反対のアドバイスをされます。

研究は専門分野で細分化されているので、互いに正面衝突する情報が溢れていますね。で、僕らは右へ行くのか、左へ行くのか、選択の連続で混乱しますね。そういえば、『朝イチでメールは読むな!』なんて本もあったなー。

こういう時は、孔子の「中庸の徳」にならい、真ん中の道を行きましょう。つまり、寝る前の2時間は、大好きでリラックスできる趣味にあてて、趣味のスキルアップをすれば、いいんですよね。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です