野菜中心の効果、心臓病や脳卒中のリスクを低減、最高20%も

食事

  • 807
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.03.18 UPDATE

1426647387XFCjJ6i0k3

(2015年3月17日Medエッジより)動物の肉をベースとした食事と比べて、植物をベースとした食事を多く含む食事は、最高20%まで心臓病や脳卒中による死亡リスクを低減するのに役立つようだ。

記事全文を読む

usericon_noimage

村上 健太郎

滋賀県立大学 人間文化学部 生活栄養学科 准教授 博士(食品栄養科学)

(論文ではなく)学会発表のようですから、注意深く見守りたいですね。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です