急性アルコール中毒になる飲酒量・症状・対処法

病気・医療

  • 1,453
  • 1
  • 0

favicons?domain=allabout.co All About(オールアバウト) [健康管理] 2016.04.11 UPDATE

1459943812Mmr7sIDvlb

2016年4月最初の週末。花見中の急性アルコール中毒による搬送者が都内だけで100名を超えました。急性アルコール中毒になると、自律神経が麻痺し、呼吸停止や急性心不全が起きることもあり、救急車搬送で蘇生しても後遺症が残ったケースもあります。一気飲み強制などのアルコールハラスメントは絶対にしてはいけません。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

イッキのみ、ダメダメと啓発しても、毎年未来ある人たちが命を落としています。なんとか防ぎたいものです。自ら飲んで急性アルコール中毒になる人はいない、多くは強要されるアルハラで命を落とす、というところ、大切ですね。

どのくらい飲むとどうなっちゃうのかを数字を示しながら解説している記事です。もちろん理論値ですので、本人の代謝能力や体調によってはもっと少量で発症する可能性もあると思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です