うつや更年期障害との関係は?働き盛り世代のメンタル関連疾患と睡眠薬の実態調査

健康・予防

  • 1,780
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.qlife QLife健康・医療の記事 » ヘルスケアニュース 2016.04.07 UPDATE

1459933312tnovkzlB60

インテージテクノスフィアが健康保険組合の匿名化された健康情報データを分析。19万1,000人を対象に、働き盛り世代のメンタル関連疾患と睡眠薬の処方実態に関する調査を実施しました。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

睡眠薬の処方実態調査に関する記事です。
睡眠薬は一度開始すると長期化するイメージがありますが、処方期間は約74%が3か月以下で、処方される睡眠薬は大半がベンゾジゼピン系であった、という内容の記事です。「処方期間」の定義の記載がありませんので、例えば28日分処方して4日程飲み忘れがあり32日後に受診した場合これを2か月とカウントせず、処方日数が途切れた時点で1か月とカウントしていた場合は、実際は本当に処方期間が3か月以下の人はもっと少ない可能性はあります。また倍量処方もいまだに存在はするので、実際はもうすこし少ないかもしれませんね。
記事では睡眠薬として処方されていたものの大半がベンゾジアゼピンだったとありますが、ベンゾジアゼピン系薬の依存はよく問題になります。
短時間のものはとくに依存性が強いと言われています。
良い睡眠はQOLを上げるために大切なことですが、安易に薬に頼るのではなく、まずは生活を改善し、
薬を使用する場合も医師とよく話して使用する薬を決めていくと良いのではないでしょうか。




  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です