いまだに“朝食の賛否”を論議中!? 健康には「抜く」べきか「食べる」べきか? 

食事

  • 1,786
  • 4
  • 0

favicons?domain=healthpress ヘルスプレス 2016.04.07 UPDATE

1459770997RQgJUx6nE8

 「朝食抜きか、否か!?」をめぐる健康論議は、相変わらず継続中のようだ。  朝食はしっかり食べないと、日中の活動に大いに影響するといのが定説だった。しかし、食べないほうがいいという説が注目されたのは2011年のことだ。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

朝食の効果を論じた研究は、この記事で紹介されているように、いくつもあります。
ですが、何をもって「朝食」というのか、けっこう難しいですよね。
ある調査では、果物のみや飲み物のみは「朝食」に含めていませんし、別の研究では、明確な朝食の定義を決めないまま、本人の自己申告に頼って判断しています。

それに、朝食を食べている人は、夜更かしをしない、睡眠をたくさんとっている、など、そのほかの影響もあるかもしれません。
研究によっては、その他の生活習慣の影響を統計学的に取り除いていますが、すべての影響を取り除けているかどうかは判断が難しいところです。

朝食は、食べればいいというものではないと思うのですが、色々な生活習慣を整えるきっかけにはなりそうです。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • 1431490353MqF78Rp5oN
  • 1436232346ECA43gVlg5

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です