(老いとともに)筋量の低下、あきらめないで 座ったまま予防体操

スポーツ

  • 1,093
  • 5
  • 1

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2015.05.12 UPDATE

(2014年5月6日朝日新聞より)齢になるにつれて筋肉の量が減り、筋力が衰えた状態を「サルコペニア」と呼び、積極的に予防しようという考え方が広がりつつある。この状態になると転倒や骨折のリスクが高まるが、「老いれば当然」と受け止められてきた。新しい考えでは、元気さを長く保つために、食事や運動で防ぐことが重要としている。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

筋肉の衰えと聞くと、運動しないと…と考える人は多いと思いますが、栄養も大事なことは、若い時も高齢になってからも同じですね!

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • サルコペニアやフレイルなど、新しい概念がどこまで浸透するかは分かりませんが、運動・身体活動に対する意識が高まることは良いことだと思います。一方、危機感を煽りすぎないように注意も必要かと思います。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です