朝のウォーキング、”向いている人”と”向いていない人”(後編)

リフレッシュ

  • 4,016
  • 9
  • 0

favicons?domain=www.life-rhythm Rhythm (リズム) 2016.04.14 UPDATE

1459349982uJbnabcEbt

こんにちは。リズムアンバサダーの松井健太郎です。今回は「朝のウォーキング、”向いている人”と”向いていない人”」の後編です。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

朝のウォーキングに向いている人と向いていない人を、睡眠の側面から説明している睡眠障害を専門にしている医師による記事です。前編、後編に分かれていますが、面白い内容ですので、お時間のある方は是非、読んでみてください。

結論としては、朝のウォーキングに向いていない人はお年寄りの方たち。理由は、不眠の原因になってしまうから。60歳を超えると6時間ほどしか眠れないのに、早朝に光曝露されることで、さらに朝型にシフトして、さらに早い時間に寝て、途中で起きて寝付けなくなる、という悪循環に陥る、とのことです。対策としては、夕方~夜にウォーキングすることで、就寝時間を遅らせて、質の良い睡眠をとれるようにしましょう、とのことです。逆に、夜更かしタイプの若い人は、朝ウォーキングすることで、夜の寝つきが良くなり、朝の寝覚めも良くなることがあるそうです。

とても興味深い内容なのですが、気になる点がひとつ。お年寄りが夜にウォーキングするということは、交通事故にあう危険性が高いのではないか、という懸念です。足元が暗いとつまづきやすいので、明るい道を選んだり、ライトを持参したり、といった工夫が必要です。また、車から見えやすいように、反射材のついたウェアを着るなどの工夫も必要です。できれば、夜でも安心して歩けるような歩道の整備が望まれますね。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1513578965bdd7e5188a73decf7ea807db9c967af6
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です