視力障害のある人は「移動に不自由」と申告する傾向強い、苦手の払拭に意義

健康・予防

  • 626
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.03.24 UPDATE

1426586700TmTMqkkPz3

(2014年9月23日Medエッジより)目が見えにくい人は、実際に測定した結果と比べてみると、現実以上に「移動に不自由しています」といいがちであると分かった。  米ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部のボニー・スウェナー氏らの研究グループは、 米国老年医学会の発行するジャーナル・オブ・ザ・アメリカン・ジェリアトリクス・ソサエティ誌2014年8月号で報告した。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

こういったセルフイメージ(思い込みも含めて)は、高齢者だけでなく若い世代でも見られます。自分のできる範囲(能力)を、ある程度客観的に知っておくことは大事ですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です