ロキソニンで腰痛は治らない! 治ったような錯覚が“ロキソニン依存”を招く

健康・予防

  • 724
  • 2
  • 0

favicons?domain=healthpress ヘルスプレス 2016.04.06 UPDATE

1459170249DUkqhCLDJ5

先日からロキソニンの副作用が話題になっている。それを踏まえて今回は、「ロキソニンは腰痛に効くのか?」を解説したい。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

ロキソニンについての記事です。
最近何かと話題のロキソニンですが…。
使用法を守って必要なときに必要なだけの使用であれば、痛みによるQOL低下を少なくし、とても良い薬だと思います。
勘違いしてはいけないのは、ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)は、「痛みをとる薬」であって、「腰痛そのものを治す薬」ではないということです。
記事にもあるように、急性期の痛みで、動かすと痛いからその恐怖で動かすことも出来なくなってQOLが大きく低下する恐れがある、などの場合に必要な分だけ服用するのは効果的ではないかと思います。
慢性化している痛みの場合、まずはその原因となっていることが無いか考え、目先の痛みをとることのみに着目するのではなく、
根本的に腰痛を改善したり、痛みとうまく付き合っていく方法を考えることが先決ですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です