生活保護にジェネリック促進…使用率75%以上に

健康・予防

  • 870
  • 9
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co 読売新聞 2015.04.29 UPDATE

(2015年3月5日 読売新聞より)厚生労働省は、生活保護受給者が薬局で薬の処方を受ける際、価格の安い後発医薬品(ジェネリック)を使用する割合を現行の61%から75%以上に引き上げるよう各自治体に求めることを決めた。  達成されれば、130億円規模の保護費削減につながる見込みで、近く各自治体に通知する。

記事全文を読む

14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f

渡邊亮

東京医科大学 総合情報部情報システム統括室 大学・大学病院情報システム室 助教 博士(商学) 修士(公衆衛生学)

後発医薬品は先発品と同様の効果で安価な反面、製品の安定的な供給や品質に対して不安感を持つ患者さんもいらっしゃると思います。後発品メーカーや医療機関の適切な情報公開や説明は重要です。ただし、生活保護制度を持続的な仕組みとするための取り組みは不可欠です。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です