徒歩、自転車での通勤が体重管理に有効

健康・予防

  • 1,150
  • 2
  • 0

favicons?domain=news.e-expo 健康美容EXPOニュース 2016.04.06 UPDATE

1459169191Zs82rOWoph

徒歩、自転車、公共交通機関での通勤が、中年期の体脂肪と体重を減らすのに有用であることが、新たな研究で示唆された。

記事全文を読む

1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec

日吉 綾子

スウェーデン・オレブロ大学 医学部 ポスドク研究員

イギリスの15万人のデータを使用した研究です。運動のレベルによって、BMI(体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数)と脂肪の量がどの程度違うかを比べたものです。
日本では職場まで自転車で、というのは郊外→都心という通勤形態では難しいですが、通勤の一部、駅まで自転車利用という方も多いのではないかと思います。そういった混合の通勤形態も車のみの通勤に比べてBMIや脂肪が低かったというのはありがたいニュースです。

ただ、「減らすのに有用である」にはやや引っかかります。研究の全文へアクセスができなかったので詳細は不明ですが、要旨から、研究は横断研究だったことが分かります。横断研究とは、ある一時点で収集された情報をもとになされた研究です。このタイプのデータは、2つの事象に「関連」があることは示せますが、多くの場合、原因と結果を結ぶこと、例えば自転車通勤がBMIを減らすことになったかどうか、については結論を出すことはできません。というのは、例えば、BMIが高い人はもともと車通勤、低い人は自転車等での通勤を選択していたのであって、通勤形態がBMIを低くしたという事ではないかもしれないからです。
通勤に含まれる運動量が増えるにつれBMIと脂肪が低くなる、という部分からは、横断研究の弱点を考慮しても減らすのに有用なのかもしれないと感じさせますが、やはり長期間追跡したデータ等での結果を見たい気がします。

なかなか完璧なデータというのは存在しません。その分、様々な国やデータで分析を繰り返し、積み重ねていくんだな、と思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1461730831VlllkFSepb

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です