“第二の心臓”とよばれる”足”を筋トレ。寝ながらエクササイズで基礎代謝アップ!

リフレッシュ

  • 2,134
  • 6
  • 0

favicons?domain=www.life-rhythm Rhythm (リズム) 2016.04.19 UPDATE

1459168900F0rhE7QgsL

日常生活を送るうえで、生命維持のために最低限必要なエネルギー量である「基礎代謝」を上げると、脂肪が燃焼しやすい身体になりダイエットに効果的です。基礎代謝を上げるためには、大きな筋肉部位を鍛えると効果が早く感じられます。大きな筋肉はいくつかありますが、今回は身体を支えている下肢に注目してみましょう。“第二の心臓”と呼ばれている足の筋肉量を増やすためのトレーニングを2つご紹介します。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

太ももの内側と外側を鍛えるトレーニング方法と、その後のストレッチについての紹介記事です。紹介されている運動自体は、ちょっと職場ではできなさそうなので、ご自宅でトライしてみてください。

問題があるとしたら、タイトルとはじめの部分。「基礎代謝アップ」と書かれた瞬間、個人的には「うさんくさい」感がアップします。基礎代謝が重要で、基礎代謝が上がればダイエットに効果的で、そのために大きな筋肉を鍛える、ということに間違いはないのですが、このくらいのトレーニングでは、基礎代謝アップは望めません。

古い文献ですが、Elia(Nutr Res Rev 1991)の報告によれば、基礎代謝全体に占める骨格筋の割合は22%です。その他、脳が20%、肝臓が21%、心臓が9%、腎臓が8%と続きます。確かに骨格筋が占める割合は大きいのですが、脳、肝臓、心臓、腎臓を合わせて約60%となりますので、どちらかというと、内臓諸器官による影響が強いと考えられます。また、筋肉1kgあたりの代謝量を計算すると1日あたり13kcalとなります。ということは、トレーニングで1kg筋肉量が増えても、基礎代謝量は13kcalしか増えない、ということになります。実際には1kgの筋肉を増やすのは大変なトレーニングであり、それでも13kcalしか増えない、と考えると、筋肉を増やして基礎代謝を高めることがいかに大変か、ということが理解できるかと思います。したがって、基礎代謝量を増やすためのトレーニングではなく、トレーニングそのものによるエネルギー消費量の増大自体が重要だと思うのです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19094322

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です