「中皮腫がんマーカー」発見…神奈川がんセンター、東大と共同研究で

病気・医療

  • 1,484
  • 1
  • 0

favicons?domain=rss.rssad 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」 2016.04.06 UPDATE

1458910986Wi1KdPXvyy

神奈川県立がんセンター臨床研究所(横浜市旭区)は23日、東京大学との共同研究で、アスベスト(石綿)を吸い込むことで発症する中皮腫を診断できる「中皮腫がんマーカー」を発見し、特許出願したと発表した。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

生命予後の良好でない中皮腫の存在を血液検査で調べることができる抗体を作成した、という話である。

論文を探したがまだ公開状態ではないようであるので、詳細なコメントは難しいが、前立腺癌のPSAを除いて、腫瘍マーカーは一般向けのスクリーニングとしては用いられていない。本中皮腫マーカーがこの先どのレベルで使えるものになるかは、記事にもあるとおり、臨床的な評価を経た上での話となる。

すぐ使えないのか、とがっかりする向きもあるかも知れないが、検査薬も薬もメリットがデメリットを上回ることが言えて初めて市場に出てくる物である。本検査が、無事臨床現場で使えるものとして出てくる事を祈るばかりである。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です