寝る前の飲酒はよく眠れる?

睡眠

  • 517
  • 2
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2016.03.28 UPDATE

1458909910LUAJ4OTk1G

1日1問クイズに答えて、“さびない”カラダに!

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

うーん、この記事、問題文と、解説が適切な対話になっていない気がしますが・・・?


問題文で言及している

「よく眠れる」

の定義次第で、正解は、「ホント」とも言えるのではないかと思いました。

「よく眠れる」かどうかは、どういう定義・視点で議論されるべきでしょうか?

私が認識している限り、一般臨床では、以下のあるような4つの視点で、不眠症を考えています。

http://www.m-junkanki.com/short_explanations/sleepditurb/sleep.html

【以下引用】
不眠症のタイプ
(1) 入眠障害 床に入ってから寝付くまでに1時間以上かかる。
(2) 中途覚醒 睡眠中に2回以上目覚め、その後なかなか寝付けない。
(3) 早朝覚醒 通常の起床時刻より、2時間以上早く目覚める。
(4) 熟睡障害 よく眠ったとの実感がない。
該当するタイプは、複数にまたがることが少なくない。

【引用ここまで】

記事が言及しているのは、熟眠障害や中途覚醒の話でしょう。

一方、外来などでお話を聞いていると、寝る前の一杯が好きな人が求めているのは、入眠障害の解消ではないかと私は感じます。

つまり、この記事は、異なる視点の「不眠症」の議論をしているように感じられます。

何事もメリットデメリットのバランスだと思います。

記事には、飲酒による睡眠に対するデメリットをたくさん上げていますが、これはあくまで一般論であり、人によってはこのようなデメリットを感じない人もいるでしょう。

そういう人が、メリット(スムーズな入眠、や、飲酒することによる高揚感?)だけを感じるのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

私個人としては、一般論としては、深酒や、寝る前の飲酒は、お勧めしませんが、飲酒量が少量で、本にの予備周りの人が、特にデメリットを感じていないなら、それはそれでいいんじゃないですかねぇ。

なんでもかんでも健康にいいとか悪いとかゼロイチ思考にならずに、やりたいこと・ハッピーなことをやるという視点も重要なのではないでしょうか。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です