平日の昼間に「ゲーセン老人」が急増中! 団塊世代の社交場であり「ボケ防止」にも

スポーツ

  • 1,000
  • 2
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2016.03.17 UPDATE

1457523943RlIapWmUd0

(2016年3月8日 HEALTH PRESSより) 自動ドアを開けたら、そこは老人天国だった!? デイサービスの話ではない。繁華街にあるゲームセンター内の光景である。平日昼間の「ゲーセン老人急増中」の噂は本当だった。  ゲーセン業界の売り上げは2006年がピークで、リーマンショックの2008年から翌年の2年間では約25%も売り上げが急降下。しかし、それ以降は落ち込みも小幅化し、2014年度は主要7社の決算が前年比で10年ぶりのプラスに転じる。閉店ラッシュ下で生き残り店への移動が増加する「減収増益」現象のため、ここ数年は下げ止まり状態だと斯界筋は語る。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

「ゲーセン老人」、聞きなれない言葉ですが、急増しているようです。
マツコデラックスさんが出演するテレビ番組でも先日取り上げられていました。
最近のゲームには、ダンスなど全身を動かすものや、パズル形式のものなど、頭も体も使って仲間と一緒にするゲームが多いようです。
ゲームというと、小さな画面をただ一人でじっと見つめて…というイメージもありますが、
みんなで楽しく話しながら、体も頭も使うものであれば、認知症予防にも効果があるかも??ですね。

地域のコミュニティでの交流の場がいろんなところで求められています。
公的に提供されるサービスだけでなく、このような場も、良い形で広がっていくと良いですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です