世界てんかんの日記念イベント講演要旨(中)社会の理解、まだ不十分

健康・予防

  • 1,063
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2016.03.10 UPDATE

(2016年3月9日 yomiDr(読売新聞)より)  「てんかんを正しく理解すべきは家族から」ということで読み上げます。「うちの家系にはいないのに」「そんな体に産んでしまって」「周りには言えない」これらは、私自身または、ほかのてんかん患者さんが実際に家族から言われた言葉です。 私の経験から申し上げますと、2回目の発作でてんかんと診断されたことを母親に報告したところ、上記の言葉をかけられました。年老いた母親のことを批判がましく言うのは気がひけますが、やはり暗い気持ちになりました。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

薬剤師、メディカルライター、MPH

記事では、著者自身の経験をもとに、患者さんに対して未だ様々な偏見があることが書かれています。てんかんという病気の世間の理解はまだ不十分だということです。

さて、3月26日はパープルデー「てんかん」啓発の日です。
この機会に、てんかんという病気を多くの人に知っていただき、少しでも偏見がなくなることを期待します。

http://purpleday-jp.net/

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です