日本人の3割が苦しむ「花粉症」〜治療薬の眠気と交通事故の発生率は関係アリ!

健康・予防

  • 1,083
  • 3
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2016.03.08 UPDATE

14573572384hhqqbNfCN

(2016年3月7日 HEALTH PRESSより) 春が近づいてきて、少しずつ暖かくなってきました。しかし、この時期は「花粉症」でつらい思いをする方も多くいらっしゃると思います。  昭和35年代からわが国では、アレルギー性鼻炎の患者が増加してきました。その中でも特に花粉症が社会問題の一つにもなっています。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

花粉症が増えてきた背景と、花粉症治療薬の副作用である「眠気」にスポットを当てた記事です。
花粉症の薬は抗ヒスタミン剤と呼ばれ、眠気の副作用がつきものです。
しかし、記事にもあるように近年でてきた第二世代の薬であれば、眠気の副作用がかなり抑えられています。
個人差はありますが、一般的にはフェキソフェナジンという成分が眠気の副作用が一番少ない、と言われています。
これは病院で処方していただくことも可能ですし、基礎疾患の無い方でしたら、薬剤師に相談の上、薬局でも購入可能です。
鼻水や目のかゆみといった症状は、仕事の生産性を著しく低下させることもあります。
お薬を上手に使いながら、つらい季節を乗り越えましょう!

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です