米国で白人中年の死亡率上昇、依存症など要因

病気・医療

  • 1,468
  • 4
  • 0

favicons?domain=jp.wsj The Wall Street Journal 日本版 2016.03.01 UPDATE

(2015 年 11 月4日 The Wall Street Journal 日本版より) 米国で白人中年の死亡率が上昇していることが、新たに発表された研究論文で明らかになった。アルコールなどへの依存症とメンタルヘルスの問題が、何十年にもわたる長寿化の流れを後退させていることがうかがえる。米国科学アカデミー紀要(PNAS)に2日掲載された論文によると、1999~2013年の期間では、主として自殺やアルコール依存、薬物中毒、そして慢性肝疾患が死亡率を押し上げた。これらの死因が、肺がんなど他の要因による中年の死亡減少を相殺したという。

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

2015年11月の記事です。
アメリカでは人種による死亡率格差が観察されていますが、1999年から2013年の期間では白人中年の死亡率が上昇し続けていたことが明らかになりました。論文の著者の一人は昨年のノーベル経済学賞受賞者、プリンストン大学のディートン教授です。

このような傾向は他の先進国では見られていません。原因としては自殺、アルコール依存、薬物中毒、慢性肝疾患などの死亡率上昇が関係していると分析されています。「経済的なストレスが白人中年による薬物乱用に影響している可能性がある」との指摘もなされており、アメリカ社会の見方としてとても興味深い分析です。

混戦が続く今回のアメリカ大統領選選挙にはこのような公衆衛生の背景も影響しているのかもしれません。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です