働かない働きアリ:集団存続に必要 働きアリだけは滅びる

リフレッシュ

  • 1,327
  • 7
  • 0

favicons?domain=mainichi 毎日新聞 2016.02.25 UPDATE

(2016年2月16日 毎日新聞より) コロニー(集団)の中に必ず2〜3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 働きアリは一生働き続け、働かないアリは一生働かないわけではなく、交代して休んでいたという研究結果です。興味深いですね!

 アリの組織は交代制勤務だったわけで、それは確かに、働かないアリを集団から除いてもまた新たに働かないアリが出現するわけです。そして、働きアリだけしかいない組織と、交代制勤務の組織とをシミュレーション比較すると、交代制の方がコロニーが長生きするとはこれまたアリの社会システムはよくできているなと思いました。

 人間もこう、誰かが疲れたら休みを取って交代で働くというシステムがうまく回るといいんですけどね。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1448500148uHCPFoMAIP
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です